Topics

【焼肉屋導入事例】炭火焼肉 嘉苑さま|多機能配膳ロボット「PuduBot 2」のキービジュアル

【焼肉屋導入事例】炭火焼肉 嘉苑さま|多機能配膳ロボット「PuduBot 2」

炭火焼肉 嘉苑さま
福岡県飯塚市柏の森4-1
http://yakiniku-kaen.jp/

・導入ロボット:シンプル設計の多機能配膳ロボット「PuduBot 2(プードゥーボットツー)」1台
・カテゴリ:焼肉屋
・席数:80席
・スタッフ数:合計20名在籍(平日は5〜7名、土日は10〜12名で運営)
・活用シーン:下げ膳

■課題
・下げ膳時のスタッフの業務負荷

■導入後の効果
・業務負荷の軽減
・下げ膳の時間短縮
・席稼働率アップ

福岡県飯塚市にある焼肉屋「炭火焼肉 嘉苑」。運営元の有限会社佐藤商事は養鶏場からスタートし、精肉店を10店舗まで展開するなかで、大分県と福岡県に焼肉店をオープン。肉のプロフェッショナルとして、バラエティに富んだ部位が楽しめるのが特徴。個室でゆったりくつろげるため、小さなお子さまがいるファミリーのお客さまも多く訪れるお店だ。

今回は炭火焼肉 嘉苑の外食事業部部長 佐藤さま、店長 辻山さまにサービスロボット導入の経緯や活用方法などをお伺いした。

スタッフの負荷軽減を目的に導入

辻山さま「嘉苑は地元のお客さまを中心に、ファミリー層にもよくご来店いただく焼肉屋です。リラックスしてお過ごしいただけるよう全席個室になっており、親しみのある接客を心がけています。またスピーディーに動くことをモットーにしており、網の取替えや、食べ終えたお皿をすぐに下げられるよう接客にも気を配っています。

しかしながら、ホールスタッフは七輪など重いものを運んだり、何度も席と洗い場を往復するため負担がかかっていることを課題に感じていました。また、土日の18〜19時は特に混み合い、満席のためお客さまをお待たせしてしまい、その間にお客さまが帰られて機会損失になってしまうことも度々起きていました。

そんなとき、DFA Roboticsと出会いサービスロボットに興味を持ちました。サービスロボットというと、配膳をするネコのロボットのイメージが強く、かわいらしい見た目と音声がうちの店の雰囲気に馴染むかどうか最初は懸念でした。

DFA Roboticsに問い合わせてからすぐにロボットを3種類お店までお持ちいただき、どのロボットが最もお店に合うのか、どの店舗で上手く活用できるかなどを相談しました。とてもフットワーク軽く動いてくださったので助かりました。

結論『PuduBot 2』を選びました。シンプルでスタイリッシュな見た目がお店の雰囲気に合っていましたし、お店の課題である下げ膳の負担を減らすためにも、大きなトレイで、どの方向からもお皿を乗せられる仕様がマッチしました。」

嘉苑はスタッフの業務負荷軽減のため、シンプル設計の多機能配膳ロボット「PuduBot 2(プードゥーボットツー)」1台をテスト導入後、本格導入に至った。

3回往復していた下げ膳が1回で済むように

辻山さま「『PuduBot 2』は当初の考え通り、下げ膳に活用しています。導入前は台車を席まで運んで洗い場まで2〜3回往復していました。それが『PuduBot 2』を導入してからは1回で済むのでスタッフの負担はかなり減りました。想定よりもたくさんのお皿が乗りますし、一度にたくさん運ぶことができて効率的です。

下げ膳がスピーディに行えるようになったことで、ホールスタッフが他のお客さまに気を配れるようになったり、お客さまを待たせることなく早く案内ができるようになったりして席稼働率も上がっていると感じています。

ロボット導入によってスタッフに余裕が生まれ、できた時間で接客などの他業務に時間を使うことができ、お客さま満足度の向上に繋がっていると思います。」

ロボットと一緒に働くことでスタッフが前向きに

佐藤さま「意外な効果としては、スタッフが下げ膳に前向きになったことです。以前は、忙しさのあまり下げ膳に対して億劫になっている様子が見受けられたのですが『PuduBot 2』導入後は楽しそうに下げ膳を行っています。作業が楽になり負担が減ったことが大きいと思いますが、ロボットに対して愛着が湧いているのも理由としてあるかもしれませんね。うちでは「はるみちゃん」と名前をつけて呼んでいますよ。

導入前は、ロボットがお客さまにぶつかってしまうのではないかと心配をしていましたが、全くそんなことはなく、障害物を検知して止まってくれます。スタッフもロボットが走行中は通路を空けるなど、ロボットと共に働くオペレーションにすっかり慣れています。」

ロボットに対して親しみを持ち、お店独自の呼び名やあだ名をつける店舗も多い。お店にロボットがいることがお客さまにとっても、働くスタッフにとってもポジティブな影響を与えている。DFA Roboticsが導入した他店舗の事例では、求人募集ページにロボットと写っている写真を掲載したところ、応募が増えた店舗もある。

佐藤さま「うちのように広い店舗はロボット導入によって業務効率が大幅にアップするのではないでしょうか。決して安い買い物ではないので導入前は懸念もありましたが、ネコ型以外の適したロボットをご提案いただいたり、どの店舗で活用可能か迅速にテストを行っていただいたりすることで導入することができました。

業務効率が改善され、負担が減ったことでスタッフの接客にもプラスに働いていますし、回転率が上がったことで売上アップも見込めると感じています。期待を超える結果で、満足しています!」

▼今回ご紹介したロボット
PuduBot 2

ABOUT THE AUTHOR
DFAロボティクス 編集部

「次世代の社会インフラの創造」をビジョンに掲げ、最先端ロボティクスを社会実装し、世界中の「ヒト」と「ビジネス」の価値を向上させる未来を目指す、ロボティクスソリューションカンパニーです。2021年11月より本格的に配膳ロボット事業へ参入し、これまでに3,500台以上を全国に導入してきました。サービスロボットの最新情報や活用事例などを発信しています!
公式X:https://twitter.com/DFAroboticsInc

Topics

関連記事

Tag

Menu

Contact

  • 配膳ロボットの出張相談・トライアル導入無償対応キャンペーン中!

株式会社DFA Roboticsの走行ロボットにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。無料出張相談やショールーム見学予約も受付中!

03-6823-2696
お問い合わせLINE